高脂血症と動脈硬化の関係

高脂血症の人が注意しなければならない合併症に動脈硬化があります。高脂血症の中でも、特に中性脂肪(トリグリセリド)値が基準値を大幅に超えている人は、動脈硬化になりやすいといわれています。

 

高脂血症もそうですが、動脈硬化になっても自覚症状がなく、放置したまま症状が進行していくことがあり、注意が必要です。

 

中性脂肪それ自体が血栓や血管プラークの原因になるわけではありませんが、中性脂肪が多いと、動脈を掃除する働きをするHDL、善玉コレステロールの量が減少し、一方でLDL、悪玉コレステロールの値が増えることになります。循環器系全体に悪影響を及ぼすために、動脈硬化を引き起こしやすい体質になります。

 

悪玉コレステロール値が高い高脂血症の人も動脈硬化になりやすいといわれています。先進国では未だに動脈硬化が主な死因の一つになっています。大抵の場合、動脈硬化とは、アテローム性動脈硬化症のことを指しています。動脈内に脂肪性の粥状粘着物(アテローム)が蓄積し、その沈着物のために、動脈の内径が狭くなり、プラークが不安定な状態になって最終的に破裂すると、動脈が完全につまってしまいます。

 

また動脈中を漂う、血塊や動脈壁のケイレンも血管閉塞の原因となる場合があります。血液中のコレステロール値が高いと、このような動脈硬化を引き起こしやすく、最も危険なのは、心臓に血液を送る冠状動脈の壁にプラークができることです。こうなると心臓に十分な量の血液が供給されず、運動した後などに、胸が圧迫されるような痛みを感じることがあります。このような痛みを感じたら、狭心症の疑いがあります。

 

通常の加齢に伴う動脈硬化よりも進行は速いので、血液検査の結果、医師から高脂血症について注意を促されたら、早い段階で、食事療法や運動療法を行なって、循環器系の健全化を計る必要があります。