生理的な口臭の原因

そもそも口臭の原因とはなんなのか、それがわかれば対策の方法も見えてくるはずです。口臭にはさまざまな原因がありますが、最も多い原因としては口の中の健康トラブルです。

 

例えば歯周病や虫歯、歯磨きの仕方による汚れの残り、口の中の乾燥、そういったものが多くなっています。

 

それでは基本的にみられる口臭の原因を考えていきましょう。大きく分けると「生理的な口臭」と「疾病的な口臭」この二つに分かれます。

 

生理的な口臭というのは、もともと持っている口のにおい、これに加えて食べ物や飲み物、嗜好品などのたばこ、これらによって発せられる臭いのことを言います。

 

お酒を飲んでいる人はニオイだけでもわかるものですが、それはお酒のにおいが洋服についているということではなく、口の中からアルコールのにおいがするものです。

 

また口臭を気にする人であればにんにく、ニラ、ネギなどは気になるでしょう。これはその食べ物自体が匂うということではなく、その食べ物が体の中に吸収されると、体内の血液の流れに乗ってその成分が体中を巡ります。

 

もちろん肺にもその成分が回り、今度は息となって口から出てきます。これはニンニクなどの食べ物によるニオイのシステムです。

 

生理的な口臭を考えるときには、まず食べ物に対する知識というのが必要になります。歯磨きも効果はありますが、それはあくまでも口の中を清掃するということになります。そのため体の中、血液の中ということになると別の対策が必要になります。