生活習慣病の予防

生活習慣病の予防は、食生活指針と、運動指針により、日常生活に適度な運動と、バランスの取れた食生活、禁煙を実践するというものです。

 

厚生労働省のサイトの生活習慣病予防(健康づくり)特集に、具体的なプログラムが示されているので、参考にすると良いでしょう。

 

参考:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/seikatsu/seikatusyuukan.html

 

生活習慣病は、不健全な生活の積み重ねによって、内臓脂肪型肥満になることから、引き起こされて行きます。

 

生活習慣病を予防する正しい食事は、「食事バランスガイド」を参考にするのがわかり易いでしょう。

 

生活習慣病の予防は、不適切な食生活、運動不足、喫煙、過度の飲食、ストレスなどを改善することです。

 

生活習慣病を予防する食事としては、暴飲暴食を避け腹八分目を心がける、野菜、海藻、豆・大豆製品をタップリ食べる、肉料理よりも魚料理、動物性の脂質ではなく植物性の油を使うなどです。

 

抗酸化作用の高い野菜や果物を摂るのも効果的です。塩分の摂り過ぎに注意し、薄味に慣れるようにしましょう。生活習慣を予防するためには、運動の習慣も大切です。運動不足の解消としては、小まめに身体を動かす機会や、歩く習慣をつけることです。

 

毎日歩くことで、血流も良くなりますし、筋肉量が増えれば基礎代謝があがって太りにくい身体になり、生活習慣病の予防になります。

 

ストレスを溜めないように、自分にあったストレス解消法を見つけましょう。

 

禁煙は絶対に必要ですから、厚生労働省のサイトの生活習慣病予防(健康づくり)特集の、禁煙支援マニュアルなども参考にしましょう。

 

体の血流を改善

http://xn--vck8crc071tooqp6kg69b.biz/nohiro.html
体内の血流を改善すると体に溜まった疲労はもちろん、精神的、脳疲労も回復するといわれています。